West Japan Baseball Umpire Association

ごあいさつ
西日本審判協会(WJBA)は、2006年5月発足の、関西地区を主な活動地域とした2人制を主体とした審判組織です。
他のスポーツ同様、わが国の野球も国際化が叫ばれ、リトル、シニア、高校、大学、全てにおいて国際大会では輝かしい成績を残しておられます。私達審判員も国際化の波に乗り遅れないようグローバル化された審判技術を習得する必要を迫られています。
それには正しい審判技術を基にした知識を実践することが重要と考え公認野球規則の理解と審判メカニクスの学習についても柔軟な考え方や対応をする必要があります。
私達、WJBAは正確な判定、つまり正しい判定をする為の基本を大事にして日々努力を重ねております。その結果としてチームや選手からもリスペクト(尊敬)される審判を目指しています。
我々審判員は日々の審判技術の研鑚を積む事で経験に裏打ちされたものが重要ではないかと考えております。
私達、WJBA審判員は正しい判定をするための審判技術を実践して審判員としての信頼と技術向上を目指しております。
皆様の試合の審判や審判研修などで我々WJBAがお役にたてるよう努力してまいります。

設立主旨
1. 2人制審判の普及に努める。
2. 3人制、4人制についても審判員の技術向上を目的とし、選手、審判仲間からも信頼される模範的なよき人格形成を目的とする。
3. 派遣審判員、講習会講師に応じ、アマチュア野球の健全なる普及と発展に努める。



西日本審判協会(WJBA)代表 吉原富三



お問い合わせはこちらまで

  



ホームへ